一覧: 石川シェフの米粉パスタレシピ

品川にて

都内:品川エリアにて

ここでのパスタは、あさりと桜エビを使用したパスタ。
あさりのダシが決め手、フレッシュトマトとあさりの身もジューシー、軽く煎った桜えびを散らして、清涼感にクレソンをプラスした一皿に仕上げました。
もちもち感と食材の組み合わせが好評でした。このパスタを買いたいとのお声も!!
品川にて

詳しくは、出張パスタ日記2011.12.24 Saturday
武蔵小山にてオーダー頂きました!!
http://pasta-trip.jugem.jp/にて


Harvest

都内:「Harvest」3人のシェフによる大地の恵みのコース仕立て

前回10月に開催されたHarvest第2弾が12月21日(水)に同じく駒込にあるギャラリーキッチン「La Grotte」にて開催致します。冬本番、おいしいお料理を食べてホットになりませんか!?
今冬、京都は日本海側にある京丹後と、北は北海道から大地の恵みが届きました。
Harvest

詳しくは、

2011.12.28 Wednesday
「Harvest」 3人のシェフによる大地の恵みのコース仕立て にて
http://pasta-trip.jugem.jp/

Harvest

今回のパスタをプレゼン中!!

Harvest

Harvest~収穫~では、毎回各地のおいしい食材をテーマに、ジャンルの異なる、個性豊かな三人のシェフが、パン・パスタ・デザートのコース仕立てでお届けします。

今回の食材は、米粉&さらさらレッド(玉ねぎ)。
3人のシェフによるお皿の上の小さな演出をご堪能ください。

~about food~

* 米粉

蟹殻米の米粉です。
蟹殻に含まれるキチン質によって作物の病害虫抑制や
土壌改良などの効果があります。
蟹殻を水田に施し栽培したお米は減農薬ができ食味値も良くなるんです。
京都の日本海側、京丹後は蟹の産地でもあり、その蟹殻を活用した循環農法を試みています。

日時:2011年12月21日(水) 20時~22時30分
場所:ラ・グロット
東京都豊島区駒込3-16-13
TEL:03-3917-0246

Harvest
Harvest

盛りつけ中(汗)

ここでのパスタは、僕自身が今アグリス成城さんで育てているfood-trip畑で収穫したスティッコリー(菜の花を掛け合わせたようなブロッコリー)とパンチェッタで少しトロトロになるまで煮込んだソースにあえました。
柚子のピールを散らして季節感も演出。

Harvest
Harvest
Harvest

さらさらレッドのバルサミコ酢マリネとの組み合わせが絶妙。パンにも合う1皿となりました。俵型ショートパスタはソースの絡みも良く、北海道で披露した時よりもパスタの硬さもUPし、改良にもつながった結果となりました。

Harvest
Harvest
Harvest

ほうれん草の水煮

本日はほうれん草の水煮(缶詰)を使用したソースに仕上げました。

Allen’s POPEYEシリーズ

「Allen’s POPEYEのほうれん草とカリカリベーコンのソース リコッタチーズと香草パン粉を散らして」

阿部技研x food-trip お米を感じる7cmの米俵型ショートパスタ、詳しくはさらに2012年に公開!?

food-tripは来年世界を結んでいきます。
阿部技研さんとも走り続けていきます。
宜しくお願い致します。
石川シェフ
Byシェフ/石川進之介
http://www.food-trip.net/


石川シェフ

北海道:札幌にて

阿部技研x food-trip お米を感じる7cmの米俵型ショートパスタ<出張パスタレポートby 石川進之介>

◆北海道:札幌にて

ちょっとその前に、、、* さらさらレッドとは!?

開発期間16年世界中の300種類の玉ねぎから、16年間交配を重ねて栄養価を高めた特別栽培種玉ねぎ。血液サラサラ成分「ケルセチン(ビタミンP)」が普通の玉ねぎの1.5~3倍で食べて健康!甘くて美味しいンです!

栗山町特産北海道夕張郡栗山町の町おこし特産品。
ぜひ一緒にさらさらレッドと栗山町を応援してください。
石川シェフ

さらさらレッドの会が結成され、この「情熱赤タマネギ」を使用した北海道産たっぷりの食材を使用して、阿部技研さんと共同開発中の米粉パスタとコラボレーション、情熱Agri Nightでシェフをしてきました。

詳しくは、出張パスタ日記2011.12.19 Monday

北海道レポート:黒ホッキ貝に出逢えました!!
http://pasta-trip.jugem.jp/にて。
hokkaido2
ここでのパスタは、北海道産の黒ホッキ貝を使用したパスタ。
黒ホッキ貝をさばき、貝紐&貝柱と利尻昆布、北海道の地酒でダシをとり、情熱トマトソースと米俵型ショートパスタをあえた1皿。

貝の熱を通す温度をススキノのお寿司屋さんでひらめき、トマトソースとは一緒には煮込まないスタイルをとりました。和食に欠かせない三つ葉のペーストも添えつつ、お皿の中の余熱でお客様の口の中で1皿が完成する、貝の甘味と食感、ショートパスタのもちもちとしたそれぞれの特徴を感じて頂けた内容に仕上げました。貝とキノコの組み合わせもバッチリ!!
北海道

北海道
北海道