一覧: ブログ

夏本番

奄美で梅雨明けとのこと、
本格的な夏がきましたね。

 

我が家の町では子供会でミニヒマワリを植えて
みんなで水やりしています。

 

ひまわりも娘もぐんぐん成長中♪

 

夏がきて
また秋がきて冬がくる。

 

あたりまえのようですが、
そんな季節のうつろいも
とてもありがたく感じる今日この頃です。

 

製麺機のアベ技研
スタッフCHIKAKO



湯島春近の蕎麦イノベーション

アベ製麺機をお使いの
湯島春近・荒井久さん著書が発売されました!

「湯島春近の蕎麦イノベーション」
~手打ちを超えるマシン打ちもちもち十割細麺~

もともとは「おざんざ(長野の過程で作るうどん)」の店をはじめた荒井さんがなぜ蕎麦イノベーションなのか。
興味のある方はお手に取られてみてください♩

 

アベ技研の製麺機開発ストーリーも載せてくださってます。
ありがとうございます!

 

十割細麺蕎麦を世界へ!
そしてマシン打ちに市民権を(笑)。

 

荒井さんの挑戦を心より応援しています☺

 

 

製麺機のアベ技研
スタッフCHIKAKO

 

 



夏の風物詩・だだちゃ豆

夏が近づいてきましたね♩

山形はサクランボやメロンが有名ですが、こちら庄内地方の夏風物詩はなんといっても「だだちゃ豆」!
甘み・香り・風味が強く、本当に一度味わってほしいです♪

※だだちゃは庄内弁で「おやじ・お父さん」の意味ですよ

 

 

製麺機のアベ技研
スタッフCHIKAKO

 



冷たいお蕎麦の季節がきました

今年も半分が終わろうとしています。

今年はイレギュラーなことが多いだけに、時間の進みかたが例年と違う、、なんて方も多いのではないのでしょうか?

そんな中でも季節は巡り、各地初夏の匂いが漂ってきましたね。
夏日のような日も出てきて、冷たい麺が嬉しい日々になりました。

のど越しすっきり、するする入る十割蕎麦は、不動の人気ですが、特にこれからは涼を取る意味でもありがたいものですね♪
最近はランチタイムに照準を合わせてお蕎麦やうどんの自家製麺を始める方が目立ちます。

みんなで笑顔で美味しい麺を食べて、今年も夏を乗り切りましょう!(^^)!

製麺機のアベ技研
スタッフCHIKAKO



自然のシンプルでパワフルな力

山形もすっかりあたたかくなりました。
我が家でもついついしまいそびれる「こたつ」をついに片付けました。

新緑のとっても気持ちの良い時期。
花が咲き、緑が芽吹き、自然界はいつもと変わらない5月を連れてきてくれました。

今年は自粛モードの為、遠くの山や海や川へ、、とはいかないですが、日々自然には触れていきたいですね。

大自然からはシンプルかつパワフルな力を感じます。

 

製麺機のアベ技研
スタッフ CHIKAKO



食から桜を感じる春

桜の開花が聞こえてくる時期になりました。
こんな春がくるなんて誰が予測したでしょう。

毎日変化する世の中の現象に右往左往してしまいがちですが、できるだけ心の平安を意識していきたいたいですね♪

 

↓こちらは黒米入り米粉麺。
(上には市販のたらこソースがのってます)

ほんのりピンクに色付いて桜色のようにもみえますね。

今年はお花見にも行けない方が多いかと思います。
食べ物からだけでも桜を楽しみたいところであります。

 

製麺機のアベ技研
スタッフ CHIKAKO