一覧: スタッフブログ

夏の終わり

お盆過ぎのだだちゃ豆。(白山産)
旨みが強くて美味しいです。

 

おいしいだだちゃ豆をいただくと、夏の終わりを感じます。
子供たちの夏休みもそろそろ終わり。
朝晩もうっすら秋のにおいが。
暦の上では秋ですからね。

夏の終わりは少し寂しいですね。

 

残暑厳しいのでご自愛ください。

 

 

製麺機のアベ技研
スタッフ CHIKAKO



つやつやのうどん製麺

やまとNS200でうどん(麦切)製麺。
1.5×3.0サイズ。

こちら、お蕎麦にも負けないくらい、なかなかの出来。つやつやで美味しそうにできました。

新鮮な粉でつくり、半日以上寝かせたうどん。
シンプルで素朴なのに、本当に美味しい!

ノズルサイズも色々あるのでお好みでどうぞ。

野菜などの練りこみ麺(変わり麺)も人気ですよ。

 

※8/10より夏季休暇となります。
ご迷惑をおかけしますがどうぞよろしくお願いします。

 

 

製麺機のアベ技研
スタッフ CHIKAKO



粉とつゆ

前回、麺は粉次第というお話をしましたが、
最適の粉を選定した後も

●粉の保管状態
●水回しの工程
●加水率や温度湿度
●麺のサイズ
●調理・味付け

など、美味しい麺を提供するまでにはいろんなことが出てきます。

どれも大事ですが、今日は特につゆとの相性について。

麺を食べ比べする機会が多くありますが、粉とつゆの相性が想像以上に大きいようです。

たとえばお客様のそば粉で製麺したものをこちらにある市販のつゆで試食してイマイチだったものが、後日お客様のそばつゆで頂いたらびっくりするほど相性抜群で非常に美味しかったこともあります。

その粉を最大限に生かすつゆがあると思いますので、ぜひ妥協なく選定してほしいと思います♪

 

製麺機のアベ技研
スタッフ CHIKAKO



麺は粉次第

「お知らせ」を見ていただいた方から、麺サンプルのお申し込みをいくつか頂いています。
ありがとうございます♪

めんうちきで蕎麦、うどん、米粉麺、生パスタ、冷麺など、いろんな麺がつくれますが、

やはり麺は粉次第ですね。

丁寧な水回しや工程も大事ですが、粉で加水や食味食感が変わります。当社で製麺試験をして食べ比べしても、本当に粉で変わってきます。

ぜひ新鮮な粉を吟味して美味しい麺を製麺していただきたいと思います。

麺のノズルサイズやスープとの相性もかなりありますね。
こちらに関しては次回!

 

製麺機のアベ技研
スタッフ CHIKAKO



夏らしさ満載のグリーンカレー

少し前ですが、ランチでグリーンカレーを頂いてきました。

鶴岡市に昨年OPENしたレストラン・ブラックバードマーケットさん。
地元食材を使った魅力メニューの数々でいろんな年齢層で賑わっています♪

グリーンカレーもとっても味わい深く、ココナッツミルク控えめ(?)でかなり好みのカレーでした。
夏野菜がゴロゴロで素敵!

パスタやパエリアも美味しいです(^_-)-☆

鶴岡も飲食店がまたたくさん増えてきて、選ぶ側からは嬉しいですね。。

 

 

製麺機のアベ技研
スタッフ CHIKAKO

 



酷暑の前に

事務所の前のアジサイ。

7月も10日が過ぎましたね。

今年はまだ冷房らしい冷房をつけていないので、比較的過ごしやすい感じ。
もうすぐ本格的な暑さがやってくるのでしょうね。

体力低下と共に(笑)年々夏が苦手になってきていますが、せっかくの夏なのでうまく付き合えるようになりたいなと思います。

今週13日はここ鶴岡市内はお盆になります。
酷暑の前の、過ごしやすいお墓参りとなりそうです♪

 

 

製麺機のアベ技研
スタッフCHIKAKO